こんちゃw手首に7つの傷がある男、ソラニンです。

いや〜、みなさん!修羅打ってますか〜?

私は一度も打ってません。

だってハイエナ専門だもん。

エナ専でA+ARTとか効率悪くて打てんやろw

でも、修羅の国はボーナスでデータカウンターがリセットされるから、

結構ハイエナしやすい機種だと思いますけどねw 

それは置いといて!!!

今回は北斗の拳修羅の国の設定判別についてです!!

現在設定判別で解析が出ているのは角チェリースイカのみ。ということなんですが......

設定
角チェリー 弱スイカ

1 1/110.0 1/99.9

2 1/107.1 1/97.5

3 1/104.4 1/95.3

4 1/101.8 1/93.1

5 1/99.3 1/91.0

6 1/97.5 1/89.5

合算でみたらそれなりの回転数で差が見えてきそうですねw

強小役に設定差が無いとなると、この弱小役を引いた時高確移行率や高確滞在率、

また、高確での弱小役での当たり

設定によって大きく差があるのではないかと思われます。

つまり、小役を引いて高確めっちゃいるやんwとか弱小役で当たったwって

思うようならガンガン追っていい!と言えるとおもっています。




多分打っている人たちならわかると思うのですが、

今回の北斗は北斗揃いに大きく割が持って行かれていると思われます。

北斗揃い

設定1 1/27909

設定2 1/26785

設定3 1/24524

設定4 1/20780

設定5 1/18570

設定6 1/15176

ぶっちゃけ北斗揃いが強すぎて、通常のARTがクソすぎるので、

サミー版のGODなんじゃないか?とも、巷で言われ始めていますwww

こういった特役に割が持って行かれている台は収束するのにかなり時間がかかると思うので、
 

確定系の演出や画面はあるのですが、設定5・6以外は打たなくていいというのがソラニンの見解です。