こんちゃw前田亜季が大好きなソラニンです。

よく非等価店舗なのに貯玉をしていないアホを見かけます。

いや、素人なら別にどうでもいいのですが、期待値打ちとかしてるのに貯玉していないそこの君!!

今日は俺が貯玉の重要性について語ってやるからよく聞くように(⌒-⌒; )

まず、非等価はなぜ不利なのか? 

これは単純で例えばコインを借りる時は1000円50枚で

換金するときは1000円55枚の店があるとしましょう。

わかりますかね?

コインを出すボタンを押した瞬間マイナスなんですよねw

これが非等価の店舗が不利な理由です。

では、貯メダルをするとどういったメリットがあるのか? 

ピンときていない人もいるかと思いますが、

貯メダルで遊戯するということは、毎回1000円を入れるとマイナスになる仕組みを、

貯玉しているコインを引き出すことによって、

等価で遊戯することができるのです! 

すばらしいですね(⌒-⌒; )

「現金でコインを借りる→コインを現金に換える」この流れがある限り店に手数料を払い続けることになるので

なるべく現金投資を抑えて、払う手数料を少なくしましょうw





はい!!

いままでの話は小学生用です!!!

ではここから大人の話をしましょう。

ここで挙がってくる疑問が一つあります。

いくら貯玉すればいいの?

僕が推奨しているのは2万枚です。

だいたいハイエナに必要な軍資金が最低40万といわれているので、

2万枚以上は貯玉する必要はないと思います。

実際に負け続けてマイナス20万までは行ったことありますけど

40万マイナスはなったことがないです。(最高で23万マイナスだった気がする)

ちょっと多いかな?と感じる人もいるかもしれませんが、

無くなる時はマジでなくなるのがスロットの怖いところ......

やる時は徹底的にやらないと、いつのまにか現金投資してることになりますよw



さて、貯玉の重要性を語ってきましたが、当然
デメリットもあります。

貯玉をするということは、店やライバルに

自分はプロですよ〜と告知しているようなものです。

特に万枚以上貯メダルしているひとは目立ちます。

自分も万枚以上貯メダルしている人は完全マークして、

その人に台を取られたら諦めたり、その人がどういう狙い目で売っているのかなど

かなり注意深く観察していましたw

できるものなら、カードを複数持ちして、5000枚づつ入れておくというのが最強なのかもしれません(⌒-⌒; )