こんちゃw若くして歯医者に抜歯を勧められた、抜歯TVのソラ男です。

今日はノリ打ち・代打ちのメリットデメリットについて語っていこうと思います。 

まずデメリットから(⌒-⌒; )

・目立つ

・代打ちの場合お金を預けることになるため、信用が無いとまずできない

・ノリ打ちの場合お互いのボーダーを揃えないといけない

などです。

目立つことに関しては、どうしょうもないといった方がいいでしょう。

当然目立たなくする努力は必要ですが、ただでさえハイエナをしていたら目立ちます。

それを複数人でやるとなると、目立つのは必然です。

次に代打ちの信用の話ですが、代打ちを雇う時はこれが最も大きな壁になっていしまうと思います。

1日1000円ずつごまかされても、30日では30000円という大金になってしまいます。

また、打った台の回転数や止めどきの集計をとっていても、この誤差は検出するのは不可能です。

必ず信用できる人を雇う

これが重要です。

最後にノリ打ちの時のボーダーですが、

これは事前に話し合いをしておくべきだと思います。

というか、ノリ打ちは自分とボーダーが限りなく近い人間とやるべきですねw

あらかじめボーダーを聞いておいて、それが自分と近いのであればノリ打ちをする。

というような流れがベストです。 




ノリ打ちや代打ちを雇った時は途中で帰るという選択ができなくなってしまいます。

つまり、以前自分がブログで書いた、「好きな時にホールにいって、好きな時に帰る」ということができなくなってしまうわけです。

そういう意味では私は一人でやることをオススメします。

トラブルの原因にもなりますからねw



さて、長々とデメリットについて語ったのは、本当に私が代打ちとノリ打ちを推奨していないからです。

しかし、当然メリットもあります。 

・期待値を稼ぎ続けることができる

・台を拾うという意味では一人の時よりも何倍も効率的

期待値を稼ぎ続けることができるというのは、一人では拾う台に限界があるが、

人が多ければ多いほど、台を拾い続けることができるということです。

これのいいところは時間効率を気にしなくていいところです。

一人の時は、期待値3000円の台が落ちてても、5000円の台が空きそうなら

その台を簡単には打てませんよね?

5000円の台が空かないと確信を得るまで、ホール内をうろうろしていると思います。

しかし、複数人いる場合はその誰かが座れれば良いので、 台をぶん回ることができます。

また、一人の時よりも何倍も効率的です。 

人を複数店舗に配置させることで、良台が複数あれば、そのホールに集結させる、などといった戦略が取れたり、

一人では絶対にできないようなことができたりします。収支も安定しますしねw




正直、ノリ打ち代打ちから学べることも多くあります。

そういった意味では一度やってみて、自分に合うなら取り入れてみるというのはいいかもしれません。

一人では収支を伸ばすのには限界があります。

その限界を超えるためにはやはり人の手を借りずにはいられないんですね〜。

ぜひ、自己責任で!!!