こんちゃw朝の7時に寝て、14時に起きる生活が続いているソラニンです。

今日も14時に起きたんですけど、

実は11時ごろにラインが飛んできて少し起きたんですよねw


(・.・;)

この人3日に一回ぐらいよさげな台をツモってて、そのたびに画像が送られてきますw

「よくそんなにツモれますねw」っていうんですけど、

「たまたまやろw」っていつも返されます。

でもたまたまなんてことは全然ないんですよね~




そこで今日は、自分の大学の研究分野でもある脳の仕組みとスロットについて語らせてください。

突然ですけど、皆さんは脳の仕組みについて知っていますか?

簡単にいうと、脳は生活の記憶を保持して、行動を決定してくれる器官なんですよね~

ここで重要なのは記憶を保持してくれるということです。

みなさんは記憶と聞くと自分が意識している範囲内でしかイメージできないと思いますが、

人間は見たもの、体験したものすべてを記憶しています。

人間が30%ぐらいしか脳を使っていないから、思い出せないだけなんですよ

よくある話が、頭を打ったらいきなり英語がペラペラになったとか、

いままで読んだ本をすべて、暗唱できるようになったとかです。

これは脳が記憶していたものが意識している範囲内に入ってきたってことなんですよw



さて、人間は体験したものをすべて記憶してはいるが意識の中に入ってこないので、

それを声にだしたり、深く考えたりは出来ませんが、

思考をするときに少なからず、影響してきます。

つまりどういうことかというと、

画像を見た時に初めて見た人の脳と、同じものを10年前に見て本人は全く覚えていない人の脳は

全く異なる反応を示すんですよね。(本人はどちらも初めて見たような反応をしめしますが(笑))




何が言いたいかというと、何年もスロットを打っているひとは、当然素人に比べて何十倍もいろんなデータを見続けていることになります。

プロが意識をせずにテキトーに選んだ台と素人が意識をせずにテキトーに選んだ台でさえ、

プロが選んだ方がおそらく勝ちやすい台になります。

選んだのではなく、脳に選ばされているからです。



今日のところは少しオカルトちっくに聞こえたかもしれませんが、

結局のところ、長年やっている人が勝ちやすいというものは証明されているわけです。